子育てコラム&情報

【簡単★ズボラ工作】母が子供と一緒に腕時計作ってみた。

息子:じぶんの腕時計がほしいよおおおお

ある昼下がりの休日、そんなことを言われました。

まるぞー

いや、買ったってすぐ壊れるし・・・

ぽんぽん欲しいもの買うわけには・・・

作るか。

ということで、オリジナル腕時計作りをしてみました。

参考になるかどうかわかりませんが、休日の暇つぶしの案の一つに加えてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

準備するもの

多分、どのご家庭でも探せば見つかるものなんじゃないかな!?

とおもいます。

準備するもの
・適当な紙(広告、白紙、折り紙などなんでも可)
・適当な段ボール破片(文字盤に使うので3㎝×3㎝くらいの端っことかで可)
・輪ゴム
・ペン

腕時計づくり

超簡単です。

手作り腕時計の手順です。

手作り腕時計の手順
①ベルトをつくる
②文字盤をつくる
③ベルトと文字盤をくっつける

まるぞー

かんたん!

っていうかズボラ工作なので簡単なのは当然ですが・・・

①ベルトを作る

最初にベルトをつくります。

紙を細く折ってベルトをつくる

なんでもいいので紙を用意します。

まるぞー

広告、折り紙、新聞紙、なんでもオケ★

完成度にこだわりたいなら、折り紙。

オリジナリティにこだわりたいなら、白紙に色を塗ったりするのがいいかもね。

その辺に捨ててあった広告。裏白かったから使えそう。

子供の腕に巻いて長さをみる

子供の腕に巻いてみて、

半分よりちょっと長いくらいの長さで切ります。

まるぞー

後ろ側は輪ゴムでとめるので、短いのがベスト。

ベルトに輪ゴムをつける

ベルトの端っこに輪ゴムを付けます。

写真のように、ベルトの端っこをクルッとすこし折って

輪ゴムを入れ込むようにして、

最後にテープで止めるといいかんじ。

まるぞー

まあでも、くっついてれば何でもいいです

ベルトの端っこに輪ゴムをくっつける

輪ゴムをクロスさせて反対もとめる

下の写真のように、

輪ゴムをクロスさせてテープで輪ゴムとベルトをとめます。

輪ゴムをクロスさせて、反対側の輪ゴムとベルトもとめる

なんかこう、本物のベルトみたいにちょっと端っこを折ってみたりして。↓

ちょっとしたこだわり
まるぞー

でもまあ、くっついてれば何でもいいです

スポンサーリンク

②文字盤をつくる

文字盤を作っていきます。

適当な段ボール片を用意

その辺に落ちてた段ボール片

文字盤の形を決めて切る

文字盤の形を決めて、段ボール片に下書きして、切ります。

ちなみに、めんどくさいし、そんなこだわりもないわ~

って人は、

そのまま下書きなしでダイレクトアタックしてもらって結構です。

段ボール片の裏側に下書きすると、下書き跡が見えなくていいですよね

文字盤に数字を書く

文字盤に数字を書いていきます。

デジタルでもアナログでも結構です。

好きなように書きましょう。

まるぞー

これも、あらかじめ下書きしておくと失敗はないですね。

文字盤に書いた下書きをなぞる息子。まだ字は書けないけど「なぞる」だけで楽しそう

③ベルトと文字盤をくっつける

文字盤の後ろに紐をつける

紐というか、画像では新聞紙を適当にちぎって

棒状にして

後ろに貼り付けています。

まるぞー

文字盤とベルトをくっつける際に、テープを丸めて接着してもいいのですが、

それだと強度がイマイチですぐ取れてしまうので、

それ防止に、ベルトに文字盤を巻き付けるイメージです。

あっ、まがった・・・けど見えないしまあいいか。
後ろから見るとこんな感じ

完成★

完成です~

後ろ側がゴムなので、

つけ外しで破れるリスクは減りますね★

何か出来上がりがイ●サンローランの時計みたいになりました!

完成★
スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか。

工作好きにとってはかなりズボラ工作かなと思いますが

楽しむのが大切★

家にある余った資源(ごみ?)たちを活かして

作品を気軽に作ってみてはいかがでしょうか!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まるぞー

色々な情報が飛び交う中、このブログに遊びに来てくれてありがとうございます!2児の母で虚弱体質の主婦です。育児ノイローゼ気味になったけど復活しました。

-子育てコラム&情報
-,